画像資料集めお助けツール類(・ω・)

自分が簡易的に使っている
画像資料集めツール

作業開始前の画像資料収集は、Google先生だけでいいのか!?(・ω・)よくないですよねー。








普段、作業始める際には何らかの資料を集めると思いますが、
いつも本など専門的な画像集など手に入れることが困難なスケジュールの場合
やっぱりGoogle先生に頼ってしまうダメな自分ですが、
実際Google先生だけだとちょっと物足りない、もうちょっとないのかな〜っと
思うことも多々あります。







そんな時自分は、WindowsPC、MacPC、iPhoneを使って画像収集しております(・ω・)
どれを使うかは、場所時々ですが、、、w





WindowsPCで探す時


自分はWindowsPCで画像を探す時はいつも「Ginipic」を使ってます。



Flickr、Google Images、SmugMug、Photobucket、deviantART、Stockexpert、Fotolia、Facebook、の画像検索をいっぺんにやってくれるので、まぁまぁの量があつまったりします。



将来的には、Mac版のアプリも作成予定っと作者は言ってますが、
もう2009年以来から言ってることなので、あまり期待しないで待ってます(。ω。;)


ちなみにこちらのアプリはフリーです。

↓公式サイト&ダウンロード先
Ginipic












 

MacPCで探す時



サブPCとしてMacBookAirを使っているため、
お外に出てる時で調べものをしたい時、
スタバでドヤ顔で仕事してる風に装ったりしてる時などは、
以下の「Phlo」というアプリで画像検索してます。


上記の「Ginipic」と違って、全部まとめて検索してアプリ上に表示するよりも、
検索ワード記入して、どのサイトで検索するか選んで、あとはChromeなどのブラウザ起動して
従来通り検索するだけです、、、、w


いちいちサイトのショートカット選んで探すよりは時間短縮になるかと、、、w



ちなみにこちらのアプリはフリーです。


↓公式サイト&ダウンロード先
Mac App Store – Phlo – Quick search box





↓日本語である程度解説している記事
複数の検索エンジン利用を快適にしてくれるランチャー『Phlo』 – Macの手書き説明書












 

iPhoneで探す時



基本、WindowsPCとMacPCと同じで複数の検索エンジンを駆使して検索するアプリですが、
出先やトイレでふと検索したいっと思った時など(怪しいものを検索する場合では無く!)
最近の自分は以下の「picTrove Pro」というアプリで検索してます。




ちなみにこちらのアプリは、、、、300円と完全フリーではないです、、、。

↓公式サイト&ダウンロード先
iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 picTrove Pro – image search across multiple services




↓日本語である程度解説している記事
PicTrove Pro:画像検索が捗る最強の収集アプリ : iPhoneちゃんねる












 

iPhoneで探す時「番外編」

ツイッターの投稿画像も参考資料になるのでは!?っと考えて最近なんかいいもの無いかと
探しております(。ω。)


一時期「Nyatter」っというアプリを使っていましたが、
最新のしか画像検索できずあまり使えなかった感じですが、一応紹介。

↓公式サイト&ダウンロード先
iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 Nyatter


ツイッターも最近画像専門のアカウントとかあって使いようによっては重宝しますかね(・ω・)







最後に、やっぱり検索しても見つからない資料ってものはあると思うので、
できれば、
参考資料用のいい本があるのならそっちを買った方がいい
とつくづく思います、、、、。



欲を言うと、今後電子書物化がもっと進み、欲しい資料がipadなどで手軽にみれる時代はやくこい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。