NukeでのUDIMの扱い方に関して(‘Д’)

NukeでのUDIMの扱い方に関して(‘Д’)

ーNukeでジオメトリをアレンビックとかで読み込んでテクスチャーを貼り付ける際にUDMIをどうやって使うのかをメモー



Nuke UDMI

□使い方とか

ジオメトリをアレンビックとかで読み込んでテクスチャーを貼り付ける際にUDMIをどうやって使うのかですが、
NukeのUDMIは基本「UVTile」ノード使えば簡単にできちゃいます( ゚Д゚)



①…「UVTile」ノード読み込んで
②…「enable」を押してudmiのオプション使えるようにすればいいだけです( ゚Д゚)



実際に使ってみる

□abc読み込んでUDMIごとにテクスチャーを張る


1、DCCツールからUDMIごとにUV分けてあるデータをabcで書き出す。





2、NukeにReadGeoとかで読み込んで



3、「UVTile」ノードと「MergeMat」ノード使って各UDMIごとにテクスチャーを張ってあげるだけで完成( ゚Д゚)






応用!

□ギズモでいいのがある


MECudimmanagerっというギズモが1ノードでUDIM扱えたりするのでよかったら以下の所からダウンロードして使ってみてください( ゚Д゚)

























お仕事のご相談、その他お問い合わせはこちらからお願いします!

—————————————–

e-mail:
yut.rickeytone@gmail.com

—————————————–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。