最近気になっているデジタルアセット管理ツール(‘ω’)


アセット管理ツール




ー日々デジタルデータを取り扱っていると「資産管理」という課題によくぶつかると思います、そんな時にアセット管理ツールがあればデータ整理できて良いのですが一から作るには心折れます、、w最近だとそういうアセット管理ツールを作っている所があるようなので今回はそれを紹介!ー








anchorpoint






VFX系のツールを幅広くサポートしているアセット管理ツール「anchorpoint」
GitHubに連携できるようでクラウドでアセット管理することが可能ぽいです。主な機能はgitによるバージョン管理、サムネイル画像でイメージ確認、更新内容をメモする等アセットバージョン管理&アセットブラウザとして使える感じです。

対応DCCツールはMaya、Nuke、Houdini、Max、blender、UE4、unity、Cinema 4D、Adobe製品と映像制作によく使用するツールを幅広くサポートしているようです。

実際使ってみての感想ですがβ版なのでこれからだと思いますが、サムネイル画像の設定ができないなどアセットブラウザとしての運用はまだ厳しい感じでした。




snowtrack






基本的には 「anchorpoint」 と似た感じでデータのバージョン管理、サムネイル画像などでデータの内容を確認できるアセットブラウザとして使えるツールです。

snowtrack 」の方はどちらかというとバージョン管理ツールとしての印象が強く、viewer(アセットビューワー)の機能はおまけみたいな印象を感じました、ですがFBXデータなどの3D viewer で確認できる機能などがあり3DCGデータも管理しやすい印象でした。( 「anchorpoint」 の方は今の所サムネイル画像のみで 3D viewer は実装されていない感じです。)

snowtrack 」 の方がサポートしているDCCツールは Maya、Houdini、Max、blender、UE4、Cinema 4D、Adobe製品 、Zbrushという形でデザイナー、コンセプトアーティスト向けな印象を感じました。




これからに期待




紹介するツールはどれもベータ版が出た辺りでまだ発展途上ですが、、これから機能が充実してきて実践投入しても良さそうなツールかと思います。
個人で使うのもありですし、チームやコラボレーションで使うのもいいかと思います。
両ツール共にチームで運用することを想定して機能強化しているようなので本製品でる時期を楽しみに待っていようかと思います(‘ω’)
今回はここまでー。何か続報あった場合はTwitterなどでシェアしますー。






















お仕事のご相談、その他お問い合わせはこちらからお願いします!




—————————————–




e-mail:
yut.rickeytone@gmail.com




—————————————–





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。